読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

建築パース屋-プレゼン工房のブログ

建築パース屋:プレゼン工房のブログ

左脳感覚と右脳感覚

「先進国」と言いながら日本の街に「都市計画」が無いのは、日本人の大半の「左脳タイプの思考」が原因していると思います。

このページをご覧下さい。
とても先進国の「首都」の景色とは思えない。

日本の男の殆どが脳裏に「絵」をイメージして物事を考えないので、今迄「都市計画」はこだわりの中には無かった。昔、東京市の市長さんで後藤新平と言う方が居たらしい。そのお考えは「大風呂敷」と揶揄されて計画の多くは理解を得られず頓挫して実現しなかったが・・。
計画を視覚的に俯瞰して考えるこういうタイプは日本では極めて稀で、殆どの方の思考は文章至上主義の左脳タイプだと思う。
「頭脳明晰」と言う事は「左脳が優秀」と言う事だろう。「右脳」は問わない。
例えば地方再生戦略の概要Adobe PDF)は、「文章至上主義」の典型的左脳タイプが考える事でしょう。これを真剣に読んでいるのは書いている本人だけだろう。
経験から日本の男の感覚は殆どが左脳タイプだと思います。右脳タイプは少ない。欧米人はこうではないだろう。
紀元前のシーザーの顔は彫刻が有るのでイメージ出来ますが、卑弥呼小野小町の顔がイメージ出来ますか?資料が無いのでイメージ出来ませんね。日本人には描けないのです。日本人は「描く事」や「創造」が大の苦手です。
そして女性は、右脳タイプが創造する感覚が好みだと思います。
日本中の地方に創造性が無い現実が若い女性から嫌われるのだろう。生活環境の景色はロマンチックではない。「地方衰退」始め日本の様々な問題の原因は、この「創造性の無さ」だと思います。仕事の経験からの感であって、学問的な根拠は有りませんが、多分当たっているだろう。 

f:id:sato012:20170122093813j:plain

下の書き込みは、 女性は「ディズニーランドがとても魅力的なのに、男の4割が理解出来ない事に衝撃を受けている」という内容です。

f:id:sato012:20170122093814j:plain

私は、日本の男の8割前後はいるだろう「左脳タイプ」は多くの女性とは感覚が異なる事は経験から知っていましたから、ショックとは考えませんでした。
この場合「ディズニーランドが何故良いのか分からない」という意見の共感者が538人いる(圧倒的)という事です。


展示会パース 見本

「展示会のパース」というのは、もう当たり前に3Dで作成してどれも判で押した様な同じ様な仕上がりに成ります。
形状は、クルマの様な有機形状ではなく幾何的形状ばかりですから誰にも簡単に作成出来ます。

f:id:sato012:20161108090528j:plain
              展示会パース見本1
展示会パースの集合画像を見ても面白みに欠けますが、これが企画会社からクライアントへの提案説明図の為、今後もこういった絵が作成され続けるだろう。
しかし、競合企画で独特な情景で、その説明となるとただ幾何学形状を組み合わせただけの絵では、他との競争力では特徴が無く負ける事に成る。
プレゼンは、競争に勝ってナンボである。負ければ「手間を掛けただけ損」という惨めな結果に成るだけだ。
では、競争に勝つ為にはどういう企画でどうビジュアル表現したら良いのか?
それは、情景描写に力点を置いた絵柄でプレゼンする事だと思う。
他ではやらない、やれない絵柄でプレゼンすれば説得力も出て印象にも残ります。

ありきたりのプラン、ありきたりのパースでは、最初から負け戦です。
f:id:sato012:20161108090537j:plain             展示会パース見本2

しかし情景描写、人物描写と言いますが、ただストック添景写真を貼り並べるだけではこれも又他と同じです。「添景」と軽く考えずに絵の描写力がモノを言います。わざわざその為に描いた構図の絵柄は説得力が有ると思います。
しかし、その為の描き手がいない。そうですネットで目一杯捜してもまずいないと思います。日本では人物をリアルの描写する描き手は居ないのです。
当方は、パース屋では有りますが、これからはむしろ人物描写に力を入れております。
今時、誰でも出来るパース制作では存在意味が無くなりつつ有ります。
誰でも作成出来るありきたりのパース制作ではフィーも限界まで下がるだろう。否既にもう限界まで下がったのだろうか。

当方は早い段階から何処にも出来ない仕事をする事で長くこの稼業を続けていきたいと、人物描写に力点を置いております。
イベントパースに留まらず、場面を絵で表す、何と言いますか「情景描写の描き手」適当な言葉が見つかりません。

f:id:sato012:20161108090346j:plain
        展示会パース見本3

今のところ「場面の絵描き」としか思いつきません。
今後も益々こういったシーンの脳系描写の専門家を目指します。
「プレゼン工房」で検索して探してください。

f:id:sato012:20161108090533j:plain              展示会パース見本4

f:id:sato012:20161108090541j:plain             展示会パース見本5

f:id:sato012:20161108090314j:plain             展示会パース見本6

f:id:sato012:20161108090556j:plain             展示会パース見本7

f:id:sato012:20161108090559j:plain             展示会パース見本8

f:id:sato012:20161102111605j:plain             展示会パース見本9

f:id:sato012:20161108090545j:plain            展示会パース見本10f:id:sato012:20161108094330j:plain
        展示会パース見本11

f:id:sato012:20161108093958j:plain
        展示会パース見本12

f:id:sato012:20161108093956j:plain
          展示会パース見本13
「プレゼン工房」で検索して探してください。

「ピンナップガール」

趣味ではなく、商売としてのお話をさせて頂きます。

当方は、最近は建築パースと言うモノを主に作成しておりますが、もともと広告分野の絵描きでして、

http://www.presen-cobo.com/09/

のページ下段辺り

日本の「人物イラスト」は昨今スマホゲームのキャラとか言う「安直なイラスト」が殆どで私が考える「質の良い絵」を見掛けません。

当方はこの類いでは恐らくユニークな描き手だと思っております。他には見掛けません。

次に

https://www.youtube.com/watch?gl=JP&hl=ja&v=WafDs2t9mRs&feature=related%CA

という動画をご覧下さい。

特に、「どういう写真資料で描いたか」をご覧下さい。

https://www.youtube.com/watch?v=sek-mI62mgo

 

f:id:sato012:20161102111709j:plain
        ピンナップガール01

懐かしい、アメリカのピンナップガールの絵ですが、当時描き手は大変多く、

この絵は多くの描き手の中でも特に人気の「ジル・エルブグレン」という絵描きさんの絵です。

そこで、

私は昨今の日本の資料無しの「安直なイラスト」とは違い、アメリカのイラストの様に全て写真を元に描きます。 顔はより魅力的に好ましく描きます。

で、スッポンポンの題材ではなく、いろんな媒体にも使用可能な汎用性の有るピンナップガールズの様に薄物をまとった 「チラ見え」のコスチュームで少しコミカルな題材を考えますが、そういう絵を仕事に出来ないかと売り込み先を探しております。

勿論描く為の撮影は必要になります。

絵の使用目的は、なるべく出版やWebなど広く多くの人の目に触れる媒体を望んでおります。

写真撮影と描く事の共同作業になります。

過激なポーズではなく、汎用性の有る話題になったりユーモアの有る人気が出そうな魅力的な絵柄を考えています。

今の時代には無い、この手の絵の普及を考えております。

 

f:id:sato012:20161102111715j:plain
        ピンナップガール02

お知り合いに出版などの関係者をご存知でしたら、ご案内頂けませんでしょうか?

ご連絡をお待ちしております。

昨今の「イラスト」は嘆かわしい限り

 

「イラスト 見本」で検索すると当方のページが3番目辺りに出て来るが、画像検索で見てみると幼稚園児が描いた様な何とも表現出来ない絵のオンパレードだ。
何処まで深く画像を見ていっても同じ様な絵ばかりが続く。

秋葉原で見掛ける様な「萌」とか言う調子の絵も多い。
今イラストの需要はこんなものばかりの様だ。
スマホゲームに使うキャラクターイラストがやたら多い。私はスマホゲームが嫌いなので同じくこういった絵も嫌いだ。
今の人はレベルの高い描写と言うのを知らないのだろうか?或はそういう絵は嫌いなんだろうか?聞いてみたいが・・。知らないのなら見せてみたら反応が有るのだろうか?
流行り唄の世界でも今は昔に比べてレベルが落ちたと言う話は聞くが・・。

私は、戦争前後の時代のアメリカのイラストで「ピンナップガール」と言うのが流行ったらしいが、その中に「ジル・エルブグレン」という絵描きさんの絵が有るが、こういうタッチが好きである。「ノーマン・ロックウェル」という絵描きさんの絵も有名でアメリカ人なら誰でも知っている。「ピンナップガール」の絵なら何でも上手いかと言うと案外そうでも無く、写真を見て描いたのであろうが、さほどのモノではない絵が多い中で「ジル・エルブグレン」は特別でやはり人気があった様だ。
皆しっかりモデルや写真を見ながらレベルの高い絵をパブリッシングされてアメリカ人なら誰もが知っている絵に成った。私はこういうタッチの絵を描きたいのだが・・。
もう一度そういう時代に成らないものか・・。

 

f:id:sato012:20161102111709j:plain

「似顔絵(ポートレート)は写真を見ないと描けない。ところが今は写真を見て描いた絵でさえ極めてお粗末だ。どの絵もワンパターンで似てなどいない。
特徴を捉えて、誇張して面白く描いたと言う風でもない。要するに「下手」なのである。

f:id:sato012:20161102111715j:plain


明らかに昔に比べて描写力は落ちてまた相場も地を這うレベルである様だ。
しつこい「似顔絵画家募集」の求人にダメ元で応募してみたら早速電話が来た。
聞いて見ると、商業施設の中でお客さんの顔を描くイベントのスタッフとしての仕事だったらしい。経験は無いし、当方はタブレットで描いているのでそれもネックでお断りした。結局私の見本は見せなかった。あちこちその求人を見掛けるので恐らく希望通りの描き手が居ないのだろう。想像出来る。
私の絵の見本をどこかの媒体に載せてお披露目したいと考えているが、逆効果かと考えあまり積極策は取っていない。

f:id:sato012:20161109181549j:plain


スポーツシーンのイラストも写真が無いと描けない仕事だ。
スポーツ人口は多いので、そういう方面なら需要が有るだろうといくらか宣伝をしてみたが今のところ芳しい結果には成っていない。もう一度試みてみるか止めておいた方が賢明か迷っている。

f:id:sato012:20161108090356j:plain


結局の処、有名人のポートレートが一番需要が有るのかもしれない。従来の建築パース仕事の傍らで時間が空いた時にもう少しポートレート見本を描き溜める事にするか・・.。


「住宅建築の予備知識2」

タイトルは「住宅建築の予備知識」と言う事で2ページに渡って「警鐘と提案」を書きました。
書いたのは28年春頃だったが、ちょうどその直後に熊本地震が有り、地震に強い木造住宅と言う事での提案内容はタイムリーだった。
以前、私も戸建て住宅を建ててとても苦い経験であった為、それに関して私の様な失敗をしない様にと言う警鐘と、「今私が考える望ましい木造住宅は」と言う事で、私なりに纏めてみました。
http://www.presen-cobo.com/02/16-4-18-7/

f:id:sato012:20161115210108j:plain

 

皆さんご存知でしょうか?住宅建築と言う事は現在とてもリスキーな事です。
もし建てた家に不満が有り、暫くして売却しても全く価値は有りません。
日本の住宅は築10年でその価値の7割が消える事をご存知でしょうか?
日本人は神経質で、他人が生活した家には住みたがらないのです。従って売値は大きく下げざるを得ない。仮に3000万円掛けて建てた家を10年後に売ると僅か900万円にしか成らない。
これがイギリス辺りですと、逆に値段が上がると言う。もっとも日本の粗末な構造ではなくしっかりした家ですが、築100年の家より、築200年の家の方が好まれ中古値段が高くなります。
日本ではことのほか中古、お古を嫌う様だ。
従って、20年以上経った最近の日本の家は潰して更地にした方が売れ行きが良いので、不動産屋ではそうするらしい。

更に日本の昨今の社会事情は「少子化」「地方消滅」で、2040年には2軒に1軒が空き家に成ると言われています。
そういう時代背景ですから、益々住宅を建てると言う事はリスキーな行為に成る訳です。
家をてても近隣が空き家だらけの住宅街に成れば住みたく無くなりますね。「放火」などの犯罪も増えるかもしれません。そういうおぞましい時代が確実にやって来ると言う。
高額な住宅ローンを組んでも途中で評価が無くなり借りた銀行から「ローンの追証」を迫られるかもしれません。
と言う訳で住宅購入は今後どんどん減っていくと思います。
住宅会社も倒産の危機が懸念されますね。
特にTVCMに熱心な大手住宅メーカーの住宅はお粗末でお勧めしません。そんな苦い経験内容を書いています。

まあ、そんな経験を書いたページが、まだ1年経っていませんが、アクセス解析を見ると結構な訪問数で沢山の方が訪れてご覧に成っている様です。
次ページには私が考える「地震に強い住宅構造」と言う事で書いております。こちらも合わせてご覧に成っていかれる様です。
宜しければ上のアドレスでご覧下さい。

「プレゼン工房」という屋号で、建築パースとリアルな人物画を制作しております。

f:id:sato012:20161102111530j:plain

f:id:sato012:20161102111546j:plain

f:id:sato012:20161102111553j:plain

f:id:sato012:20161102111605j:plain

f:id:sato012:20161102111616j:plain

f:id:sato012:20161102111625j:plain

f:id:sato012:20161102111633j:plain

f:id:sato012:20161102111703j:plain

f:id:sato012:20161102111709j:plain

f:id:sato012:20161102111715j:plain

f:id:sato012:20161102111725j:plain

f:id:sato012:20161102111731j:plain

f:id:sato012:20161102111740j:plain

f:id:sato012:20161102111753j:plain

f:id:sato012:20161102111801j:plain

f:id:sato012:20161102111807j:plain

f:id:sato012:20161102111814j:plain

f:id:sato012:20161102111820j:plain

f:id:sato012:20161102111828j:plain

f:id:sato012:20161102111833j:plain

f:id:sato012:20161102111839j:plain

f:id:sato012:20161102111845j:plain

f:id:sato012:20161102111853j:plain

f:id:sato012:20161102111858j:plain

f:id:sato012:20161102111903j:plain

人物イラスト

「人物イラスト」と聞いて多くの人はどんな絵をイメージするだろうか?
私はアメリカのノーマン・ロックウェルやジル・エルブグレンを思い浮かべるが、

実際ネットで「人物イラス 見本」と検索してみるとまず当方のページが出るが、
リアルな絵は今の時代は皆無で、昨今はスマホゲーム用途のキャラクターや秋葉原で見掛ける「萌え」とか言うイラストで全てが占められている。また、結婚式の「ウェルカムボード」というお粗末な似顔絵も多い。
「萌えキャライラスト」が全盛だ。描き手は違ってもどれも見事に同じ様に見える。
総じてデッサン以前の描写力がとても劣る。描く事が昔に比べて下手になっている。
こういう絵に夢中になっている若い男連中を見ると、日本の将来が心配だと考えるのはジジイに有りがちな「余計な心配」か?

「女性はこういう絵が好きではない」と言う書き込みも見たが、しかしこういう絵しか無い時代だ。イラストに興味が無いと言う事だろうか?いやそうとは思えない。少女時代には誰でもお姫様の絵をノートに描いて育っただろう。にわかに「嫌い」とは思えない。
何れも資料無しで描くのでお粗末きわまりない。フィーも極めて廉価な様だ。
依頼する側も当たり前の様に資料無しで描くものと考えている。漫画以下の出来映えだ。

f:id:sato012:20161109181549j:plain

                  人物イラスト01

で、最初に例に挙げたロックウェルやジルの様な絵を見せるとどういう反応があるかと思って或るサイトでそういう絵を紹介して感想を聞いてみた。
https://www.youtube.com/watch?v=fTGd2xDhuDI&feature=related

https://www.youtube.com/watch?gl=JP&hl=ja&v=WafDs2t9mRs&feature=related%CA
結果は決して悪くない。否もっと見てみたいと言う。やはり印象が「新鮮」なのだろう。
ですから、そういう需要はやり方次第では有ると思う。そのやり方が大きな課題だ。
日本ではイラスト作成は「まず資料撮影が当たり前」と言う概念が無い。
「まず資料撮影が当たり前」と言う考え方で描くとすると、考えられる分野はまず、
スポーツ雑誌の誌面や表紙に恒常的に載せてもらう事だろうか?
或は、女性雑誌のどういうコーナーが良いのか分かりませんが、同じく恒常的に載せてもらう事だろう。私はこういう方向で、まず出版分野に打診を考えている。
先様で資料さえ整えてくれれば、問題なく描けるし、出来上がりの画質にも自身が有る。

f:id:sato012:20161102111814j:plain

           人物イラスト02
次ぎに考えているのが、「ポートレート」と言う分野だ。
タレントでも良いのだが、私はまず新聞社などに政治家の「写真」を「ポートレート」に変えて使ってもらう事を考えている。

f:id:sato012:20161102111828j:plain

         人物イラスト03
果たしてどういう方法で交渉するのが良いのか・・.。とにかく最初の一歩が難しい。
事例が2つ3つ出来れば、後は同じ方法でも交渉がし易いと思う。最初の一歩をどうしたもんだか・・。
f:id:sato012:20161108090356j:plain

               人物イラスト04

 

f:id:sato012:20161109181548j:plain

                人物イラスト05

f:id:sato012:20161102111845j:plain

             人物イラスト06

f:id:sato012:20161102111753j:plain

             人物イラスト07

f:id:sato012:20161102111740j:plain

           人物イラスト08

f:id:sato012:20161102111839j:plain
         人物イラスト09

f:id:sato012:20161102111709j:plain

          人物イラスト10

f:id:sato012:20161102111715j:plain
          人物イラスト11

f:id:sato012:20161102111633j:plain
              人物イラスト13

f:id:sato012:20161102111703j:plain

             人物イラスト14
今迄はパース制作に専念しておりましたが、2016年秋から以前の仕事であります広告分野のプレゼン用スケッチの制作を再会しました。再会に当たって数ヶ月以前の「描く感を」を回復させるためとレーニン議をしまして、やっと以前の半分程度迄描写力が回復しました。今後も引き続きトレーニングを怠る事無く描写力の回復に努めます。

f:id:sato012:20161223210057j:plain

人物イラスト15

f:id:sato012:20161223205905j:plain

人物イラスト16

f:id:sato012:20161212212307j:plain

人物イラスト17

f:id:sato012:20161220120853j:plain


人物イラスト18

f:id:sato012:20161212212306j:plain
人物イラスト19

f:id:sato012:20161223205903j:plain

人物イラスト20

f:id:sato012:20161223205902j:plain

人物イラスト21

f:id:sato012:20161220121019j:plain

人物イラスト22

f:id:sato012:20161220120848j:plain

人物イラスト23

f:id:sato012:20161220120817j:plain

人物イラスト24

f:id:sato012:20161212212040j:plain
人物イラスト25

f:id:sato012:20161212212039j:plain
人物イラスト26

f:id:sato012:20161220120816j:plain

人物イラスト27

f:id:sato012:20161212212005j:plain
人物イラスト28

f:id:sato012:20161212212002j:plain
人物イラスト29

f:id:sato012:20161212212001j:plain
人物イラスト30

f:id:sato012:20161212211930j:plain
人物イラスト31

f:id:sato012:20161220120815j:plain

人物イラスト32

f:id:sato012:20161212211928j:plain
人物イラスト33

f:id:sato012:20161220120814j:plain
人物イラスト34

f:id:sato012:20161220120813j:plain

人物イラスト35

f:id:sato012:20161212212306j:plain

人物イラスト36

f:id:sato012:20161212212305j:plain

 

人物イラスト37
f:id:sato012:20161212212040j:plain
人物イラスト38

f:id:sato012:20161212212039j:plain

人物イラスト39

f:id:sato012:20161212212005j:plain

人物イラスト40

f:id:sato012:20161212212003j:plain

人物イラスト41

f:id:sato012:20161212212002j:plain

人物イラスト42

f:id:sato012:20161212212001j:plain

人物イラスト43

f:id:sato012:20161212211930j:plain

人物イラスト44

f:id:sato012:20161212211928j:plain

人物イラスト45