**

建築パース屋:プレゼン工房のブログ

「売れる住宅プラン」とは

まず、「左脳タイプと右脳タイプ」と言う事を申し上げます。

「左脳タイプ」とはスッキリした「シンプルフォルム」を好み、
例えば、室内は何も置かない、収納の扉も取っ手が無いデザインを好みます。
飾り気は好まない。直線要素が好きで、外壁などの色は黒や白のモノトーンにワンポイントにインクブルー(ブルーベリーの色)を配置した配色を好む。
こんな配色のツートンカラーが斬新でモダンな住宅と思って設計している例が多いが売れるのでしょうか?
建築士の設計に多い黒いガルバニュウム鋼板のハゼの付いた屋根のプラン、こういう設計を多く見掛けます。
「左脳タイプ」は「四角が美しい」と考える。豆腐や水羊羹、カステラの様に四角形状が好きで、角が欠けたものは粗悪品で商品価値が無い。
つまり「キュービック形状」が好きです。
日本人の8割前後の男の感覚、特に「体育会系」の方は殆どがこういうタイプでしょう。
ゼネコンが作る行政の公共建物も「箱もの」と言います。
中国ハルピンのオペラハウスは、魅力的な女性好みの有機的フォルムです。

「右脳タイプ」はシンプルフォルムではなく、多様な形状の飾り気が好きです。
女性はカリグラフの様な華麗な曲線を好みます。
色は鮮やかな多様な色相を好みます。ダイナミックや、変化の有る形が好きです。
或るSNSで『「男の4割以上がディズニーランドに嫌々付き合っている」「TDLのどこが良いのか分からない」という調査結果に驚いている』と言うが、私は以前から仕事で感じていました。
恐らく男のもっと多くが、左脳派でしょうから正確に調べれば更に多いと思います。
女性はこういうテイストが好みです。築500年だそうです。
ハリーポッターの世界ですね。「左脳派感覚」からすれば「古いボロ屋じゃないか」と成りますが、女性はこういう味わいが好きな様です。女性からの反応が多かった。
大阪のテーマパークUSJは、「ハリーポッター」で俄然人気が出たようだ。今後のニーズの傾向が伺えます。
日本の住宅は築10年で評価の7割が消えると言います。
外国、特にイギリスでは築100年の住宅より築200年の住宅の方が評価が高いと言う。
多くの日本人の物差は「新品」にしか興味が無いと言う事でしょう。これも「左脳感覚」の勢だと思います。人が暮らした家には住みたくないという「神経質」なんですね。「左脳感覚」は世界では極めて少数派だと思う。

f:id:sato012:20161102111801j:plain

f:id:sato012:20161102111807j:plain

何故女性の好みが重要か・・は書くまで有りませんね。
住宅購入を決めるのはご主人か或はご夫婦だとしても、ではどの物件に決めるかは最終的に奥さんの好みになるからで、これは住宅会社の関係者なら先刻ご存知の事ですね。

「左脳タイプ」「右脳タイプ」は生まれ持ったもので終世変わる事が有りません。
「左翼思想人間」が「右翼思想人間」に変わる事は終世無い様に、
あずきのあんこの「つぶあん派」が「こしあん派」に変わる事すら無い様に好みは変わりません。

多くの建築士の感覚は、「売れる住宅の設計については方向が違う」と思います。
購入を決めるお客様の好みではなく、「左脳」の男の物差しで設計しては売れ無い。
住宅はTDLの感覚のように女性好みのロマンチックな夢を感じるように作ると売れると思います。
ドイツ南部の山間地は「ロマンチック街道」といって世界的に人気が有りますが、日本の中山間地は「限界集落」と言って、間もなく人が住まなくなる。何故でしょう?
地方は衰退の一途なのに、テーマパークTDLUSJも毎年入場者が増えて値上げです。何故でしょう?
日本の宗教は仏教が多いですが、結婚式では親戚一同即席クリスチャンに成り賛美歌を歌って祝福する。これは誠に奇異ですが、何故でしょう?
クリスマスだけでなくバレンタインやハロウィンは年々盛んになり、お釈迦様の「春の花祭り」は全く関心が無い。何故でしょう?
女性は表立って好みや考えを言わないので、女性の行動で「好みのトレンド」を推測するしか有りません。
答えのキーワードは「ロマンチック」なんです。
女性は「右脳タイプ」の考えるデザインが好きなのでしょう。要はセンスの問題です。
ディズニーランドをプランニングする感覚があれば、「売れる住宅設計」は難しい事ではないと思いますが、そのTDLが嫌いなら「売れる住宅」は諦めるしか無い。
男はフリルの付いたパンツは履きませんが、女性はそういう飾り気が好きです。
世界で走る車は赤、黄、青など鮮やかな色が多いが、日本では白、黒、メタリック、紺が多い。
「車」は男向きの商品ですが、「住宅」や「住環境」は女性向き商品です。
「インテリアデザイン」と言う言葉は若い女性の為に有る言葉です。
ガーデニング」という言葉も30代女性の為に有る言葉です。
『男は「工業製品」にこだわり、女性は「工芸製品」にこだわる』と言い切っても良いのかもしれません。
イギリスの「ウイリアム・モリス」など調べて見てください。女性の好みの一つだと思います。

「売れる住宅」の答えは「女性モード」に切り替えると言う事です。

次に何と言っても「住環境」です。
以前の物差の様に「その家」だけでなく、廻りがどうかが最も重要に思います。
「家」を売るのではなく「街を売る」と考えるべきです。
もっと言うなら、そこを舞台とした「ロマンチックな暮らし」を売ると言う事です。
これには更に説明が要りますが、ここでは省きます。
街並の調和ですね。これは景色だけの問題ではなく住人同士の価値観も整うから暮らしやすい。

ゼネコンはじめ多くの建築士の感覚は前者の典型的な「左脳タイプ」でしょう。
新幹線の窓から見ると、日本のどの街の建物も陸屋根で屋根が無い。金太郎飴の様に画一的で個性が無い。またロマンチックな雰囲気は微塵も無い。
地方はロマンチックでないので若い女性が嫌い地方から逃げ出して衰退する。
早くからそれに気づいていれば、やりように依っては対策が有った筈ですが、今迄やってこなかった。

日本の戦後の建物には屋根が無い。これがロマンチックではなく、女性には支持されないのだろう。そんな訳で「屋根」は不可欠で、それも急勾配の屋根を好むと思います。
女性が好む屋根は10寸こう配前後の急傾斜です。これはノーブルな感じが有ります。施工には屋根にも足場が必要になりますが、これから売れるトレンドだろうと思います。

また欧米とは異なり、日本の都市には都市計画が無い。欧米の街の景色は整っています。お隣の中国の最近の計画はこうです。
中国の広州の都市計画です。既に沢山の市民が暮らしています。
武漢のグリーンランドセンター 今施工途中です。
「深圳」やその他の街も飛躍的に発展するそうですが、計画の画像が見つかりません。
何れも日本の「築地市場をどうする」と言う規模のレベルではないのです。

東京に「多摩ニュータウン」と言うのが有ります。東京郊外と言う絶好の立地に有りながら、10年ほど前からここで生まれ育った若い女性がここから逃げ出して今は高齢者だけの街に成っている。公団はこれでも街を作った気でいるが、最近作り直しを初めても又同じ事だろう。原因は「四角の建物の単調な環境」がロマンチックではなく嫌われる訳です。それが分かっていない。
極端な例を上げますが、ドバイの都市計画デザインはこうでは有りませんね。
グーグルアースでご覧下さい。
参考迄にこういうページを書きました。
まちづくり郊外の駅の説明図
ページの中に「こういうプランを勢いの有る昭和50年代迄に日本中に続々計画していないとならなかったのだが、どこの誰も考えようとしなかった」と書きました。日本には先進国にふさわしい創造性が無いという事です。
これから「売れる住宅デザイン・住環境」を計画するなら、まず30代女性の感覚にシフトするべきと言う事は、住宅会社なら概ねご理解頂けると思います。海外の住宅街です。

私は「本格欧州の伝統的デザイン」の建物が並んだ住環境が「売れる住宅プラン」のトレンドと考えます。

当方はただ渡された図面を見て3Dパースを作成する多くのパース屋ではなく、当方が女性が好む「売れる住宅プラン」や「地方を活性化させるアイデアを入れた説明図」を作成する「売れる住環境の素案」を考えております。全くの初期段階の「たたき台」です。これが有効な住宅計画設計の参考になる筈です。
或るまとまった一団の土地の全くの初期段階の素案検討で、当方のスケッチをご利用頂けましたら幸いです。

納品した絵はHPやWebには決して公開しませんので依頼者だけのオンリーワンです。

似顔絵の作成

[人物イラスト 見本」で検索すると当方のページが最初に出て来るが、
「似顔絵 見本」では出てこない。似顔絵とポートレートとは別の意味だろうか?
「人物イラスト 売れる企画書の説明図作成 プロの制作見本例」というHPの中に「似顔絵のサンプル」を並べてみた。

f:id:sato012:20161102111814j:plain
             似顔絵 作成01

f:id:sato012:20161102111740j:plain
        似顔絵 作成02

f:id:sato012:20161102111753j:plain
             似顔絵 作成03

元来写真を見てそのままに描く事は私にはたやすい事であったが、ここ10年程は「描く事」には遠ざかっていた。
勘を取り戻す目的も有るが、久しぶりに描いてみると、やはり写真を見てそのままに描く事は何ら問題なく出来る。
アメリカの国民画家ローマン・ロックウェルもジル・エルブグレンも皆写真をそのままに描き移している。
通常は描いた結果だけが問われる訳だが、どんな資料で描いたかが絵描きとしては気になる。

f:id:sato012:20161102111828j:plain
          似顔絵 作成04

f:id:sato012:20161102111833j:plain

                                                       似顔絵 作成05

f:id:sato012:20161117204737j:plain
                    似顔絵 作成06

f:id:sato012:20161109181525j:plain

                      似顔絵 作成07
しかし、日本ではこの「写真資料を元に」と言う事でナリワイにする事が出来ない。つまり、依頼者の多くが全て資料無しで描けるものと思っているのでこういう問題が起きる。となると、如何に資料無しで絵にするかと言う技量が課題になる。私はこれも慣れである程度可能だろうと考えている。
資料無しで描く事は作業がとても早くなる。ここ暫くそんな手応えを感じつつ目標の「ラフスケッチのレベル」は資料無しで描く事をトレーニングしているのだ。合間にポートレートを手慰みに描いてみるがなんと容易な事か。どれも数時間程度で問題なくし上がる。

f:id:sato012:20161102111845j:plain

            似顔絵 作成08

f:id:sato012:20161102111839j:plain
             似顔絵 作成9

まあ、探せば資料丸写しのこういう仕事も有るのかもしれない。

 

人物見本のページを「人物イラスト 売れる企画書説明図作成 プロの制作見本例」と変えた。

今迄の建築パースの添景に使う人物見本のページをちょっと長いが

「人物イラスト 売れる企画書の説明図作成 プロの制作見本例」とページタイトルを変えた。
従来の「添景人物見本の案内ページ」では、あまり閲覧数が無く意味が無かったので、このページを「企画書の説明図の見本」として並べ直した。

「人物イラスト」で検索すると 余りにも多くの素人絵のページが多く、検索されないので「プロの・・」と形容した。
「プロの・・」とか「うまい・・」と検索すれば検索1ページ目に出て来る。

f:id:sato012:20161102111740j:plain

f:id:sato012:20161102111753j:plain

f:id:sato012:20161102111814j:plain

f:id:sato012:20161102111833j:plain

これで比較的上位に出てくる様になりました。
同時に「似顔絵の見本」も案内したのでそういう需要が有るかもしれない。
資料が有る無しで、仕上がりが異なる。資料の重要性に付いても書きました。スマホ写真が手軽に撮れる時代ですから、大部分のサムネールで指示が苦手な方にも都合が良い時代になって来ました。これで依頼者がどんな絵柄を望んでいるかが把握出来るので絵柄のキャッチボールを避けられる。

私が考えている主な需要は、デフレ時代で商品が売れない企業の社内提案の企画書用途や、日本中の地方が衰退する時代に地方活性化のアイデア提案用途だ。他に描き手がいない分野なので他にも様々な用途が考えられるが、取り合えずこういう事にシフトしたラフスケッチのストックを始めた。普段から描き溜めておいて、イベントなどの場面の絵を依頼された場合に、ストックの中から適宜に選んで貼ると言う方法で作成作業を短縮して仕上げようと考えている。

f:id:sato012:20161109181549j:plain

とにかく同様の描き手がいない。ただでさえ日本人は絵が下手で人物もまともに描ける物がいない中で競争相手がいない、当方だけの独壇場である。対応出来るのは日本中で当方ただ1人である。

f:id:sato012:20161108090356j:plain


まあ、ラフスケッチのストックを溜める事に励んで、説明図作成の依頼を待つ事にします。

 

 

HPのタイトルを「建築パース 説明図 作成」から「建築パース屋 売れる企画書説明図 プロの作成方法」と変えた。

f:id:sato012:20161102111807j:plain

今は商品の値段を下げてでも商品やサービスを売りたいが、モノが売れないデフレの時代だ。今後の見通しも明るくない。

値段を下げて売るか、あるいは企業内で知恵を絞った販売方法のアイデアを募るか。

そんな企画書の説明図作成の依頼が半年ほど前から増えてきた。今だけの一時的な現象かは分からないが・・。

景況感から考えるとネットで探してアウトソーシングは日常的になりつつあるので、これは稼業になるだろうと考えている。

また、今「地方衰退」で、全国の自治体が活性策をいろいろ考えているようだが効果的な策は無い様だ。

地方の商店街は毎年寂れて、逆にアメリカ製テーマパークは年々賑わって問題になる程で、毎年値上げらしい。

建築設計士に活性化策のアイデア募集をしても恐らく効果的なアイデアは出無いだろう。相談相手が違うと思う。

f:id:sato012:20161108090356j:plain

私の経験では、建築設計士ではこういうアイデア提案は不向きだと思っている。ル・コルビジェ風の建築物の設計は出来るが、テーマパークのような設計は苦手だろうからだ。

殆どの日本人に多い「左脳派」の頭ですから「シンプル イズ ベスト」のル・コルビジェ風のデザインを好む訳で、しかしこれは若い女性には共感されない。

「左脳派」の頭ではロマンチックで夢の有る「若い女性の好み」に対応出来ないと思う。所詮無理だ。だから地方の活性化もうまく行かない。

まあ、それはともかく、日本人は思考を絵で示す事が殆ど不可能と言って良い程不得手だ。

これを今まで稼業に生かす事は意識してこなかったが、広く物販会社やサービス販売会社などの販売促進部署を相手に企画書の分かりやすい説明図の作成を稼業に考えているので、HPタイトルも「建築パース 説明図 作成」から「建築パース屋 売れる企画書説明図 作成方法」と改めた。

とりあえず、これでしばらく行こうと思うが、もっと良いタイトルが思い浮かべば変えるかもしれません。

都市のデザイン-日本の市バスと欧州のバス・市電

 

日本と欧米の街の景色の違いを挙げると色々有るが、それに付いての1ページを作りました。
今回は市バス・市電という 公共の乗り物デザインに付いて比べてみた。
最近富山市の市電がオシャレになったという。市電ばかりではなくいろいろな試みをして良い方向へ行っているらしいので、HP1ページで欧州と日本の公共乗り物のデザインを比べた訳ですが、一目瞭然で分かります。
日本は如何に「魅力」と言う事を考えていないか、特に行政で目立つ。
地方が衰退して若い女性が逃げ出すのも当たり前だと思います。
これは市電だけの問題ではなく、町中に当たり前の様に有る電柱電線、費用を掛けて街路樹の枝を切る古い価値観、見苦しい看板、調和の無い街の建物デザインなどなど、問題箇所は切りがない。

f:id:sato012:20161128094617j:plain

これらがなっていないので、若い女性が逃げ出して街が衰退したのだろうが、富山市はそれに気がついて、目に見えるユニークな試みを始めたらしい。
半世紀遅いと思うが、気が付いただけマシだと思う。
腹立たしいのは、それを見た他の自治体が複数真似をし出した事だ。何故最初に出来ないか!役人の横並び思想は本当に度し難い。

結論は、日本の多くの事が能力の無い不適任な人間が担当して、その結果街が衰退している訳で、自業自得と思って今後の成り行きを見ていこうと思います。

私が作った1ページは、
http://www.presen-cobo.com/01/16-6-22-2/
です。

「失敗しない為の住宅建築の予備知識」というページを創りました。

内容は、私の住宅建築の場合の失敗談と、私なら「こういう構造の住宅を望む」というものです。

山に有る材木を切り出す所から書いています。
日本の農業と同じく林業に於いても旧来的な形態で、はるばる外国から運んで来る木材価格に負けている。
効率の悪い生産が、価格に影響し結果として農業の何倍も有る植林面積が活性化しない原因になっています。
私なりに「日本の林業はこうして活性化させる」と言う事にも触れております。
私は施工経験は有りませんが、私なりに工夫を考えて「分かり易い図」にして説明していますので簡単に理解出来ると思います。
内容は、経験豊富な大工職人ではなく経験の浅い施工者でも同じ様に出来上がる様に「キットで組み立てる住宅」と言う考え方です。

私の稼業は、「説明図の制作」ですが、今迄手掛けた絵をネットに載せる事は不都合が有って出来ません。しかしこれは私の私物ですので、私のHPで自由に見本として使う事が出来ます。その見本の意味でも作成してみました。

構造に付いても出来るだけ分かりやすく説明しております。
又、欧米の住環境と、日本の住宅に関する考え方に大きな違いが有りますのでその点も書いてあります。
どうぞご覧下さい。

f:id:sato012:20161115210107j:plain

http://www.presen-cobo.com/02/16-4-18-7/

「左脳派」と「右脳派」

日本の男の考え方に大きく分けて2タイプ有ると思う。

それは、左脳派と右脳派ですね。誰も2通りの脳みそを持ってはいない。

おでこ辺りに付いている左右スイッチを切り替えて、両方の脳みそで考える事は出来ない。

私は左脳派は日本人では8割前後いると経験から思う。逆に地中海沿岸のギリシャ、イタリア、フランス、スペイン人は8割が右脳派ではないかと思う。説明図屋という稼業の経験で、お客さんの9割がサムネール(エスキース)が描けない。「どういう絵を希望か」が分からない事が多かった。絵が描けない左脳派が多い事は昔から分かってました。

日本で走っている車は目立たない色が多い。世界では赤や黄色の鮮やかな色の車が多い。日本でも黄色のワーゲンに乗っている人は右脳派かもしれない。

政治の世界でも左翼と右翼とどちらでもない派と別れる。その中でも又細かく別れるだろうが・・。

宗教の宗派でも分派が沢山有る。細かい事を言えば、あんこの「こしあん」が好きか、「粒あん」が好きかでも2極化する。

互いを強く説得すると、「こしあん派」が「粒あん派」に転向するかと言うと、そういう事は決して無い。生まれつきである。

だから互いに相手をミソクソにけなしても意味が無い。考えは変わらない。

今日本は「地方衰退」が大きな社会問題である。

霞ヶ関や永田町の関係者が20年以上もあれこれ対策を考えても失敗続きで妙案は無い。皆高学歴で頭脳明晰な筈だが・・。

 

日本の男の考え方に大きく分けて2タイプ有ると思う。

それは、左脳派と右脳派ですね。誰も2通りの脳みそを持ってはいない。

おでこ辺りに付いている左右スイッチを切り替えて、両方の脳みそで考える事は出来ない。

私は左脳派は日本人では8割前後いると経験から思う。逆に地中海沿岸のギリシャ、イタリア、フランス、スペイン人は8割が右脳派ではないかと思う。説明図屋という稼業の経験で、お客さんの9割がサムネール(エスキース)が描けない。「どういう絵を希望か」が分からない事が多かった。絵が描けない左脳派が多い事は昔から分かってました。

日本で走っている車は目立たない色が多い。世界では赤や黄色の鮮やかな色の車が多い。日本でも黄色のワーゲンに乗っている人は右脳派かもしれない。

政治の世界でも左翼と右翼とどちらでもない派と別れる。その中でも又細かく別れるだろうが・・。

宗教の宗派でも分派が沢山有る。細かい事を言えば、あんこの「こしあん」が好きか、「粒あん」が好きかでも2極化する。

互いを強く説得すると、「こしあん派」が「粒あん派」に転向するかと言うと、そういう事は決して無い。生まれつきである。

だから互いに相手をミソクソにけなしても意味が無い。考えは変わらない。

今日本は「地方衰退」が大きな社会問題である。

霞ヶ関や永田町の関係者が20年以上もあれこれ対策を考えても失敗続きで妙案は無い。皆高学歴で頭脳明晰な筈だが・・。

f:id:sato012:20161102111807j:plain


 

失敗続きの理由は、文章至上主義の「左脳派」が考えるからだと思う。「若い女性の好み」からは的外れなのだ。世の中で最も尊い事は「創造する事」であろうと思う。

女性は男とは違って、「シンプル イズ ベスト」はあまり好まないと思う。女性の好みは華麗な唐草模様のデコラティブデザインかもしれない。

女性が好む一つの例が「南フランスのプロバンス風」だろう。

地方がロマンチックなプロバンス風やイギリスのコッツウォルやデンマークのお伽の国の様な本格的雰囲気なら決して女性は地方を捨てないだろう。いや、東京の30代の女性はそこに暮らす事に憧れるだろう。衰退の原因は「田舎」である事ではない。オシャレでない事だ。

ところが、日本の男の8割はこういう調子は好まない。シンプルデザインが好き、何も置かないスッキリした室が好き、直線が好き、キュービックが好き、インクブルーが好きだ。

「インテリアデザイン」などという言葉は、若い女性の為に有る。

ですから「地方創生」がうまく行かないのは、こういう対策を考える人とターゲットとの「物差の違い」に有ると思う。

担当者は、その事には気がついていない、多分。

ですから大切な事は、「若い女性の価値観」だと思う。

これからの国の運命もトレンドも、「若い女性」の考え方で決まる。

なぜなら「若い女性が逃げ出した地方の衰退」を見れば分かる。

既に若い女性の目は「東京」ではなく、海外に向いていると思う。