読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

建築パース屋-プレゼン工房のブログ

建築パース屋:プレゼン工房のブログ

講演会で講演の依頼

考えもしていない事が起きるもんだと驚いた。

朝一番の有る地方の県会議員さんからの電話で、当方の「地方活性化の提案」をご覧になった方らしい。
長い文章なので長時間読むと目が痛いとの事で全部プリントされて読んで頂いたようだ。私はプリントした事が無いが、全部で100枚くらい有ると言う。
そんなに有るのかと驚いたが、感謝感謝である。しかも何度も読んで頂いたらしい。
その方の地盤は大きな企業の城下町で、「何かの計画を企業に話して賛同を得ようとするがなかなか難しい」との話だった。
提案では外国の美しい住環境を並んだのをご覧になって、日本は立ち後れている事を感じておられたので、提案の効果は有ったのだなあと思った。

で電話の趣旨は、「私が提案した内容を講演で話してして貰えないか?」と言う事で、これには大変驚いた。「私ごときが大勢の前で生意気な話は出来ません。そういう事は例えば石破大臣にお願いして下さい」と言いますと、実はもう石破大臣には2度講演をして頂いた」という。

講演会と言うのは「あの◯◯氏の講演」と言う処に価値がある訳で世間的に何の知名度も無い私と、大臣では比較になりません。

これは丁重にお断りしまして、「地方活性化」でまた何か連絡メールをお送りするかもしれませんがそのときは宜しく」と申し上げて電話を切った。
もう何年も「地方活性化の提案」に時間を費やしている事で、カミさんは小馬鹿にしている様子なので、早速この事を伝えたが、気持ちがよかった。

どうだ!!評価されてるんだぞ!!