読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

**

建築パース屋:プレゼン工房のブログ

人物イラスト

「人物イラスト」と聞いて多くの人はどんな絵をイメージするだろうか?
私はアメリカのノーマン・ロックウェルやジル・エルブグレンを思い浮かべるが、

実際ネットで「人物イラス 見本」と検索してみるとまず当方のページが出るが、
リアルな絵は今の時代は皆無で、昨今はスマホゲーム用途のキャラクターや秋葉原で見掛ける「萌え」とか言うイラストで全てが占められている。また、結婚式の「ウェルカムボード」というお粗末な似顔絵も多い。
「萌えキャライラスト」が全盛だ。描き手は違ってもどれも見事に同じ様に見える。
総じてデッサン以前の描写力がとても劣る。描く事が昔に比べて下手になっている。
こういう絵に夢中になっている若い男連中を見ると、日本の将来が心配だと考えるのはジジイに有りがちな「余計な心配」か?

「女性はこういう絵が好きではない」と言う書き込みも見たが、しかしこういう絵しか無い時代だ。イラストに興味が無いと言う事だろうか?いやそうとは思えない。少女時代には誰でもお姫様の絵をノートに描いて育っただろう。にわかに「嫌い」とは思えない。
何れも資料無しで描くのでお粗末きわまりない。フィーも極めて廉価な様だ。
依頼する側も当たり前の様に資料無しで描くものと考えている。漫画以下の出来映えだ。

f:id:sato012:20161109181549j:plain

                  人物イラスト01

で、最初に例に挙げたロックウェルやジルの様な絵を見せるとどういう反応があるかと思って或るサイトでそういう絵を紹介して感想を聞いてみた。
https://www.youtube.com/watch?v=fTGd2xDhuDI&feature=related

https://www.youtube.com/watch?gl=JP&hl=ja&v=WafDs2t9mRs&feature=related%CA
結果は決して悪くない。否もっと見てみたいと言う。やはり印象が「新鮮」なのだろう。
ですから、そういう需要はやり方次第では有ると思う。そのやり方が大きな課題だ。
日本ではイラスト作成は「まず資料撮影が当たり前」と言う概念が無い。
「まず資料撮影が当たり前」と言う考え方で描くとすると、考えられる分野はまず、
スポーツ雑誌の誌面や表紙に恒常的に載せてもらう事だろうか?
或は、女性雑誌のどういうコーナーが良いのか分かりませんが、同じく恒常的に載せてもらう事だろう。私はこういう方向で、まず出版分野に打診を考えている。
先様で資料さえ整えてくれれば、問題なく描けるし、出来上がりの画質にも自身が有る。

f:id:sato012:20161102111814j:plain

           人物イラスト02
次ぎに考えているのが、「ポートレート」と言う分野だ。
タレントでも良いのだが、私はまず新聞社などに政治家の「写真」を「ポートレート」に変えて使ってもらう事を考えている。

f:id:sato012:20161102111828j:plain

         人物イラスト03
果たしてどういう方法で交渉するのが良いのか・・.。とにかく最初の一歩が難しい。
事例が2つ3つ出来れば、後は同じ方法でも交渉がし易いと思う。最初の一歩をどうしたもんだか・・。
f:id:sato012:20161108090356j:plain

               人物イラスト04

 

f:id:sato012:20161109181548j:plain

                人物イラスト05

f:id:sato012:20161102111845j:plain

             人物イラスト06

f:id:sato012:20161102111753j:plain

             人物イラスト07

f:id:sato012:20161102111740j:plain

           人物イラスト08

f:id:sato012:20161102111839j:plain
         人物イラスト09

f:id:sato012:20161102111709j:plain

          人物イラスト10

f:id:sato012:20161102111715j:plain
          人物イラスト11

f:id:sato012:20161102111633j:plain
              人物イラスト13

f:id:sato012:20161102111703j:plain

             人物イラスト14
今迄はパース制作に専念しておりましたが、2016年秋から以前の仕事であります広告分野のプレゼン用スケッチの制作を再会しました。再会に当たって数ヶ月以前の「描く感を」を回復させるためとレーニン議をしまして、やっと以前の半分程度迄描写力が回復しました。今後も引き続きトレーニングを怠る事無く描写力の回復に努めます。